吉田です。

こんにちは。
今日は火曜日ということで、家計簿お助け!朝生マネープランに出演してきました。

今日はフラット35関係の質問に応えました。
しかし、なかなかフラット35を使われる方がまだ少ないのが実情ですよね・・・。

Q:金利が変わらない「フラット35」とはどのような住宅ローンですか。

A:民間金融機関の融資した住宅ローンを「住宅金融支援機構」(これは旧の住宅金融公庫です)が譲り受け、そのローンを裏付けとして資金調達を行うという手法を用いた住宅ローン商品です。

ローンを提供するのは金融機関ですので、融資金利や融資手数料、お申込時の提出書類等は金融機関によって異なります。

「フラット35」という商品は同じなんですが、取扱の金融機関で金利が全然違います。

そうなんです。簡単にたとえますと、シャープの液晶テレビをヤマダ電機で買うのか、コジマ電機で買うのか、ジャパネットたかたで買うのかで値段が違いますよね。商品は同じなのに・・・。

インターネットで「フラット35」のHPに入っていただきまして、最新の金利情報ボタンを押します。そうすると、日本地図が出てきますので、富山県をクリックしてください。富山で取扱可能な金融機関が一覧で出てきます。

そうなんです。ここで、借り入れ金額を入れて、返済期間を入力します。
これで一覧表が出てきます。

ここで気をつけていただきたいのですが、融資手数料が金融機関で違いますので、金利だけでは判断できないのです。
ですので、更に、融資手数料を加算した「総支払額の低い順で表示」というボタンで並べ替えてください。

かなり使えるHPです。

そうそう、昨日、会社で会議を夜遅までやっていまして、帰りが遅くなりさすがに眠いです・・・。

ということで、今日はこれで帰ります。


2009.07.28 Tue l メディア l top ▲